植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いは?食べ物からの摂り方や免疫力アップ、花粉症改善について

最近は巷でも乳酸菌についての特集や
健康番組でも特集されていますよね。

ですが、ふと、
乳酸菌って言っても「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」

ってあるけど何が違うの?

一体、どっちが効果的なの?

と疑問に思ってしまいすよね。

2種類の乳酸菌の違いと
植物性乳酸菌に秘められた驚きの効果についてお話しします。

スポンサードリンク

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いって?

「植物性乳酸菌」は、野菜や豆、米や麦などの植物素材を発酵させる乳酸菌のことです。

日本人にはおなじみの漬物や味噌、醤油、さらには酒など米の発酵食品まで、
さまざまな食品に生育しています。

一方、発酵した「乳」に生育するものは「動物性乳酸菌」と呼びます。
動物性乳酸菌はみなさまの予想通りのヨーグルト・チーズなどに含まれています。

この動物性とか植物性の違いは乳酸を生産する細菌(乳酸菌)が
どのような環境で増殖するかという違いなんですね。

腸の中には細菌が100兆個くらいいて、消化を助けたりビタミンを供給したり
、免疫力を高める働きがあります。

動物性乳酸菌は植物性乳酸菌に比べると塩分などの刺激に弱いので
植物性より劣っているといイメージで捉えている人もいますが、
ヨーグルトなどには植物性乳酸菌も一緒に入れられていますので、
乳製品から乳酸菌を取り入れても十分に健康には良いことになります。

ですが、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の方が
腸に届きやすい!というメリットは注目しておきたいところです。

ヨーグルトなどの乳製品は温度管理や衛生面での管理が非常に大切です。
自宅で自家製ヨーグルトを作った事がある人なら特に分かっていただけるかと
思いますが、温度一つで出来が変わってしまいます。

それだけデリケートなんです。

反対に、植物性乳酸菌が含まれる味噌や漬物なんかは
栄養が少ないところや塩分の濃度が高いところでも生息できる強さがあるので、
過酷な状況下で生きていけるため、生命力が強いんです。

腸まで届くことを意識するなら
できるだけ植物性乳酸菌を摂取したほうがいい!という事なんです。

そして、私たち日本人は昔から味噌や醤油などを食事に取り入れてきました。

乳製品を摂るようになってからの歴史って、まだまだ浅いんです。

よく、乳製品を摂るとお腹の調子が悪くなる人っていますよね?
でも、お味噌を食べてお腹の調子が悪くなる人って・・?

なかなか居ませんよね。

それだけ、私たち日本人には植物性乳酸菌の方が体には合っているようです。

植物性乳酸菌を摂ろう!食べ物からの上手な摂り方

植物性乳酸菌が含まれている食べ物と言えば
味噌・キムチ・漬物・・

が代表的です。

ですが、すべて塩分が気になる食べ物ではあります。

せっかく体に良い物を・・と思って取り入れても
食べすぎてしまうと健康には良くありません。

外食や洋食が多くなりがちですが、
日々の食事に毎回、少しづつ取り入れていきたいですね。

これらの食材を食べる時の重要なポイントがあります。

それは、食物繊維やオリゴ糖と一緒に摂取することです。

腸内の善玉菌をさらに増やすためには、
善玉菌のエサとなる栄養を摂るようにするのが効果的なんです。

食物繊維やオリゴ糖が善玉菌の栄養となるものです。

ですから、食物繊維が多く含まれる大豆製品やゴボウなどの野菜をたくさん食べるように心掛けましょう。

特に、乳酸菌が多く含まれる漬物類やキムチにプラスして納豆を摂ると
納豆菌と一緒になって、より善玉菌を増やす事ができるのです。

オリゴ糖が多く含まれる食品は、バナナ、玉ねぎ、ゴボウ、大豆などです。

漬物などに含まれる乳酸菌は生きたまま腸に届くんですが
オリゴ糖と一緒に摂る事によって、さらに効果を助ける役割があります。

スポンサードリンク

漬物の塩分が気になるところですが、
実はぬか漬けは塩分を気にする方には効果的だったりするんです。

ぬかにはカリウムなどのミネラルが多く含まれています。
カリウムは体内の余分な塩分を体外に排出する働きがあります。

ですから、ぬか漬けと塩漬けなら
ミネラルの多く含まれているぬか漬けを選ぶようにしましょう。

いくらカリウムが含まれてるから・・とは言え、
塩分が多いのは事実ですのでお食事の時は
ぬか漬けなら数切れ程度にしておきましょう。

植物性乳酸菌は免疫力アップや花粉症の改善に効果的?

植物性乳酸菌の効果には

・整腸作用
・免疫力アップ
・美肌
・抗アレルギー作用

がありますが、その中でも免疫力についてお話ししたいと思います。

植物性乳酸菌の免疫力アップ効果

まず基本的に、風邪やインフルエンザにかかりにくくするためには
風邪の菌やウイルスを寄せ付けない免疫力の高いカラダを作る事が大切ですよね。。

意外かもしれませんが、免疫力アップのカギは腸内環境にあるんです!

免疫細胞は私たちの体のあちらこちらに存在し、
さまざまな病原菌と戦ってくれていますが
実は免疫細胞の6割は腸内に存在しているんです。

そのため、腸内環境を整えることが、免疫力をアップする最も簡単な方法なんです。

腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やすことが重要です。
体に悪い影響を与える悪玉菌を減らして、
善玉菌を増やすことで腸内環境を整えることができます。

善玉菌を増やすには、悪玉菌の増殖を抑えることが大切です。

野菜不足の偏った食事や脂っぽいものの食べ過ぎは悪玉菌を増やす原因となってしまいます。

その結果、腸内の善玉菌が減ってしまうと、
免疫力の低下につながるだけでなく、肌荒れなどの原因にも
なってしまいます。

ですから、植物性乳酸菌を多く含む和食中心の食生活を心掛けることによって、
悪玉菌の増殖を抑え、
さらに善玉菌を増やす事ができます。

これからの時期は風邪が流行り出すので
予防のために積極的に取り入れていきたいですね。

植物性乳酸菌の花粉症改善の効果

次に花粉症についてのお話です。

植物性乳酸菌は、抗アレルギー効果が確認されています。

各種アレルギーがは、人間の腸内に関係していると言われています。

なぜなら腸内には、上記で説明したように
身体全体の半数以上もの免疫系が集まっているわけですから、

アレルギーに対する免疫反応をコントロールするには腸内環境をコントロールするのが大事なんです。

花粉症に悩む方々に植物性乳酸菌を摂ってもらうと
自覚症状の改善効果が確認されたという試験結果も報告されています。

特に、くしゃみ、鼻水、眼の痒み、涙目の症状で効果が現れました。

ただし、乳酸菌自体が薬なわけではないですので、

花粉症の時期だけあわててヨーグルトなどを摂取しても間に合いませんし
効果もあまりありません。

ずっと長期間定期的に摂取し続けることが大切です。

そして、乳酸菌と一言で言っても相性がありますので、
自分の腸内細菌とは相性が悪かったという場合には
残念ながら期待していたほどの効果を得ることは出来ない場合もあります。

あくまでも、花粉症改善のためだけでなく
健康のために植物性乳酸菌を取り入れていきましょう。

植物性乳酸菌についてのまとめ

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い、
そして、植物性乳酸菌の効果についてのお話をさせてもらいました。

ヨーグルトを毎日取り入れてるのに全然効果がない方や
動物性乳酸菌が体に合わなくて諦めていた方は

是非、植物性乳酸菌を積極的に摂ってみてはどうでしょうか?

免疫力アップで、風邪を引かない体を目指しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする