二日酔い対策に効果的な食べ物まとめ原因や体質の事や頭痛の治し方

会社の飲み会や行事ごとの時に
どうしても飲まないといけない時ってありますよね。

お酒大好き!全然酔わない!

って方ならいいのですが、お酒に弱い方が二日酔いになると
それはもう次の日が大変です。

そんなお酒が弱いのにどうしても飲まなきゃいけない方の為に
二日酔い対策の方法などをまとめてみました。

スポンサードリンク
  

二日酔い対策に効果的な食べ物とは


二日酔い対策に真っ先に思いつくのは
飲む前に○○を食べれば・・

ですよね。

しかし、色々情報がありすぎて、どれが一番いいのか迷います。

その中でもよく言われるのは柿、シジミ、牛乳、チーズなどです。

でも一番聞くのはウコンの力。飲む前に飲んでおくか、飲んでる最中に飲むかです。
よくCMでも見ますしね。

ウコンは二日酔いになってから飲むのはダメです。
二日酔い対策でウコンを飲む場合は、事前に飲んでおきましょう。

私の場合、牛乳やチーズは効果がありませんでした・・

ウコンは微妙・・

色々試してみましたが効果があまりなかった為
半ば諦めていたのですが、一つだけ効果絶大なものがありました。

それが「シジミ」です

会社の忘年会で、ほぼ泥酔状態の時に、先輩が

「これを飲んでおくと二日酔いにならないよ~」

と、シジミのエキスの入ったカプセルを飲ませてくれました。

泥酔状態だったので、どのメーカーの何という商品かは分からないので
本当に申し訳ないのですが、とにかく翌日は泥酔してたのが嘘のように
スッキリでした。

サプリメントなどは嫌な方は、飲み会前にシジミのお味噌汁を飲んで行くのも
効果があるようです。

シジミのサプリメントは、色んなメーカーから発売されていますので
私のように有名なウコンで効果がなかった方は一度試してみて下さい。

その他に、飲みすぎたときは柑橘系のジュースを飲むと酔いが覚めるとも言いますね。

柑橘系フルーツは、アルコールの摂取を遅らせ、また排出を促す効果があるそうです。

特に効果的なものは
100%のグレープフルーツジュース

100%のオレンジジュースも効果があった方もいます。

ジュースならスーパーでも手軽に買えますし、
小さい紙パックのジュースを飲んでおくのもいいかもしれません。

二日酔いの原因には体質が関係してる?


二日酔い対策についてお話してきましたが、
ここで知っておいて頂きたい事があります。

二日酔いの原因は、飲みすぎだけでなく体質が大いに関係している事です

体質のお話をさせてもらうのは、
自分がどのタイプかをまず知り、そのタイプに合わせて飲み方を変えるのが
一番良い二日酔い対策になると思ったからです。

短刀直入に言いますと、酒に強い・弱いというのは、アセトアルデヒドを分解する能力が高いか低いかということなんです。

遺伝子には
酒に強い→いわゆる分解能力が高いとされるN型と
突然変異で分解能力が低下したD型があります。

誰でも両親からいずれか一つずつの遺伝時を受け継ぎますので、
人間にはNN型、ND型、DD型の三パターンあることになります。

・NN型→アセトアルデヒドの分解が速く、たくさん飲める酒豪タイプ
・ND型→そこそこ飲めるタイプ
・DD型→体質的にほとんどアルコールを受けつけない、まさに下戸タイプ

という事になります。

スポンサードリンク

DD型はほとんど飲めないタイプなのでよく分りますが、
NN型とND型は、量は別としてどちらも酒を飲めるタイプということになります。

具体的にはどう違うのかと言いますと

同じ量のアルコールを飲んだ後、体内から検出されるアセトアルデヒドの量が大きく違うのです。

簡単に言うと体内のアルコール分解スピードの違いなので
ND型の人は時間をかけてゆっくり飲まないと、アセトアルデヒドの分解が追いつかないのです。

ND型は同じ量を飲んでも分解にかなり時間がかかってしまうので、
その間、肝臓などの臓器がアセトアルデヒドの毒素に長時間さらされてしまいますから
飲み方には注意が必要です。

自分がどの型なのかは病院などで遺伝子検査をすれば分りますが、
ちょっと費用がかかってしまいます。
でも、そこまでしなくてもお酒を飲んだ時の症状で、ある程度見分けがつきます。

例えば、NN型ならば相当の量を飲まないと赤くなりませんが
ND型はコップ一杯~数杯程度のビールですぐに赤くなってしまうので、そこで見極めることができます。

DD型に関しては、出現する症状がND型より強く、それ以上は飲めないので最も分りやすいと思います。

ちなみに私はコップ3杯程度のお酒を飲んだだけで赤くなりますが、
我慢すればそれなりに飲めます。

実際に遺伝子検査をした訳ではないので断定できませんが、
多分ND型な気がします。

飲める・飲めないは遺伝ですので仕方ありません。

ND型はウーロンハイなどの
薄めて飲むものはうんと薄くして飲むようにしましょう。

日本酒ならお猪口少し口を付けたら水を飲みます。

DD型の人はそもそも飲めないのですから、挨拶程度に少し飲んだら
あとは「お医者さんに止められているので・・」

など理由を言って極力飲まなくてもいいようにした方がいいかもしれません。

二日酔いで頭痛がひどい時の治し方


二日酔い対策をしても、飲みすぎてしまったり
体調が良くなくて悪酔いしてしまった・・

などで二日酔いになってしまう事はあります。

そんな時、一刻も早くこの頭痛から解放されたい!!

となりますね。

二日酔いになってしまった後の対処法をご紹介します。

頭痛が酷いと、すぐに鎮痛剤を飲みたくなってしまいますが、
鎮痛剤には胃を荒らすものもあります。

こんな時はお茶やコーヒーで鎮静作用のあるカフェインを摂取しましょう。

コーヒーで頭痛が改善される方は結構います。

コーヒーが苦手な方は、濃いめの温かい緑茶を飲むようにしましょう。

頭痛があるけど、比較的体力がある場合は
熱いシャワーを浴びると血行がよくなり、体の中でのアルコールなどの分解も活発になります。

アルコールの取り過ぎは心臓の働きを低下させるので、酸素を送り、血行を良くし
お風呂で新陳代謝を活発にさせてやると良いでしょう。

ぬるめのお風呂に入るのも効果がありますが、くれぐれも飲酒直後は避けましょう

お風呂から出たら、温かいお味噌汁や、ポカリ等のアルカリ飲料を飲むのが良いです。

水を沢山飲むのも効果的です。

まとめ


忘年会、新年会、歓迎会に飲み会にと
色々な場面でお酒を飲む機会はあるとおもいます。

楽しく飲んでも翌日に二日酔いが酷いと
日常生活に支障をきたす事になってしまいます。

ご自身にあった方法で、少しでも症状が和らげればいいですね。

二日酔い対策をしても100%防げる訳ではないので
飲みすぎには注意して下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする